ねんねの赤ちゃんもちょっとした工夫であせもを予防できる

ねんねの赤ちゃんもちょっとした工夫であせもを予防できる

赤ちゃんの皮膚は薄く、汗をかくと毛穴が詰まりやすく、すぐにあせもができます。あせもは、夏の暑い時期と冬の暖房の中の厚着が原因です。まだ言葉で暑いことを伝えられない赤ちゃんは、親がしっかりと観察してあげることで、あせも対策ができます。

 

冬場の赤ちゃんは、大人よりも洋服の枚数を1枚減らすと言われます。理由は、赤ちゃんは動きが活発で汗をかきやすく、体温が高いためです。しかし、注意しなければならないことがあります。ねんねの赤ちゃんは、まだ体温調節が苦手なために、親がしっかりと管理して暖かくしてあげなくてはなりません。薄着にしすぎると風邪をひいてしまうからです。部屋を暖かくしたり、出かけるときには靴下をはかせたり、布団が脱げないようにします。

 

そして、時々汗をかいていないか確認します。顔が赤かったり、首を触って汗ばんでいると少し涼しくしてあげます。汗をかいているときには、ガーゼをぬるま湯につけて絞り、汗を拭きとります。汗には塩分が混じっているので、水では取れにくいからです。沐浴で汗を洗い流すことも大切です。これで冬場のあせも対策はできます。

 

夏場のあせも対策は、背中です。寝ている間にたくさんの汗をかいています。ねんねの赤ちゃんは、体温が高いために汗をかきやすくなっています。肌着を夏用の生地を選ぶと、通気性がよく乾きも早いです。綿でできた肌着は、肌に優しいのですが乾きが遅く汗が残ります。
エアコンで、部屋の温度を一定になるように調節をします。汗をかいたらこまめに着替えをさせたり、暑い時期は下着のみにすることで、涼しく保つことができます。

 

 

夏場に汗をかきやすいのは、授乳中と睡眠に入る時です。一生懸命に飲むので汗をかき、眠くなる時には体温が上がるためです。この時の汗の処理で、あせもの量が減ります。授乳中は汗をこまめに拭き取ります。寝たときには顔の汗を拭き取ります。背中にガーゼを1枚入れておき、汗をかいたらガーゼを取り除くと、着替える手間がなくなるので赤ちゃんを起こすことなくあせも対策ができます。ちょっとした工夫であせもを予防できます。また、赤ちゃんを清潔に保つことができ、風邪予防にもなります。