赤ちゃんの睡眠時間を増やす方法

赤ちゃんの睡眠時間を増やす方法

妊娠や出産も人それぞれ、赤ちゃんによって異なりますが、赤ちゃんの睡眠時間というのも、本当にそれぞれです。

 

勝手に寝てくれる子もいれば、長い時間寝かせい付けなければ寝ない子、それに、長時間眠ることそうでない子がいますが、そんな赤ちゃんの睡眠時間を増やす方法をご紹介しましょう。

 

疲れさせる

 

まずは、何と言っても疲れさせるということです。

 

赤ちゃんだって私たちと同じ人間ですから、同じようなことで眠くなるのです。あなたも疲れたら眠たいとか、寝たいと思いますよね。

 

赤ちゃんも同じで、日中たくさん外で遊ばせたり、色々動かしてあげると、すぐに寝てくれますし、疲れているので、比較的ぐっすり長い時間寝てくれるので、毎日まとまった時間、体を動かしてあげましょう。

 

お風呂に入れるタイミングを考える

 

お風呂に入る時間と寝る時間のタイミングも考えると、赤ちゃんは長く眠ってくれます。

 

ご飯を食べた後(授乳した後)、そのまま寝てくれれば楽と言えば楽ですが、眠りは浅いかもしれません。ですから、その満腹状態で、眠りを誘いつつ、お風呂に入れて、体を疲れさせ、気持ちいいと感じさせてあげれば、赤ちゃんはうまく寝てくれるケースが多いです。

 

寝る直前にお風呂に入れると、ベストですよ。

 

そして、その後に必ず白湯や常温のお水をあげて、脱水症状を妨げるのも忘れないでくださいね。のどが渇いて途中で起きることにもつながります。

 

 

落ち着く音楽を聞かせる

 

フィーリングミュージック、特に水の音というのは、お腹の中にいる時の音ですから、赤ちゃんにとっては心地の良い音となっています。

 

後は、ホワイトノイズ(テレビのザーという音)が良いなんて言われていますが、それは赤ちゃんによって好みがあるので、赤ちゃんが泣き止む時の音などをチェックして、何となく反応したものをかけてあげるなどしましょう。気持ちが落ち着くので、眠りを誘います。

 

どうも赤ちゃんがなかなか寝ないという方、こんな方法を試してみてください。